Bistaurant RNSQ (ビストラン エレネスク) @ 麻布十番

イントロ

麻布十番駅から徒歩5分。飲食店ばかりが入居するビルの2階の扉を開ける。

柔らかい暖色系の明りに包まれて仕事の緊張感から解放される。

隣の彼女も同じような表情で安心する。

アミューズ ブーシュ

スッポンの出汁とコンソメのスープ。表面に浮いているのは大葉のエキス。

少し口をつけただけでもスッポンとコンソメの旨味が口腔を満たす。

その後を柔らかな大葉の味と香りが追いかける。

これは今晩も期待できそう。前の彼女もぼそっと「おいしい」とつぶやき

1品目からご満悦の様子。一切の建前がない本音が漏れる。

秋刀魚を細かく砕いて、何かで巻いたもの(ど忘れしました。。。笑)。

外はしっとりしてるんですが噛むとどんどん秋刀魚の味が溢れてきます。

ムール貝を細かく砕いて外を皮でくるんで焼き上げたもの。貝は苦手な部類の食材なんですがこれをこれは素直においしいといえるお味でした。食材の良さもそうですがシェフの創作によってものの見方、感じ方を変えてくれるのもこういったレストランの良いところ。

黒米の焼き物の上に細かく砕いた柿を乗せた一品。こちらも焼き物の香ばしさと柿のほどよい甘さが絶妙でした。柿だけで食べると甘いものを提供するのでしょうが料理全体の調和のためにあえて甘すぎないものを選んでいるのでしょうね。

 

続いて、前菜へと続きます。プレゼンテーションも含めかなりアミューズされました。続いてのお皿にも期待が高まります。

アミューズ

芭蕉カジキをすだちでマリネしたもの。下には焼きナスと薬味にピンクペッパーやナスのパウダーがかかっています。フレッシュかつ上品でまとまった味に仕上がってます。

前菜

白イカと小松菜のピストゥーと銀杏。引き続きのプレゼンテーションですが料理のインパクトは抑え目。美味しいけどそこまで印象には残らなかったな。

野菜のエチュベ。当店のスペシャリテです。北海道のアンジュド・フロマージュのねっぷというチーズの粉末が相方。プレゼンテーションもさることながら味も決して濃くはないのですが野菜の旨味と塩加減が上手くチーズの風味と調和していてスペシャリテの名に恥じぬ一品でした。これはほんとに美味でした。どの野菜もしっかりその野菜の味はするんですけど塩とチーズで全体観を作り1つの料理になってました。連れも笑みがこぼれっぱなしです。

魚料理

鱈のポワレ。数種のキャベツとピーナッツを添えて焦がしバターをかけてます。魚のメインのはずなのにエチュベの余韻を引きずってます、笑 いや、美味しかったんですけどねもちろん。

肉料理

黒どり胸肉のファルス。味の主張もしっかりしてて料理としてはありでしたが個人的に好きな味の系統ではなかったですね。好きな人は好きだと思うので決してこの店の評価をさげるものではないです。違うテイストで食べてみたかったなという個人的な感想はありますが。

アヴァンデセール

山ぶどうとカルピスのシャーベット。ぶどうの味は濃いですがカルピスと一緒に食べると味が幾分抑えられていいお口直しになります。それにしても、このお店は派手さはないですけどほんとにプレゼンテーションが素敵ですね。フィービー時代のセリーヌを料理にしたみたいな感じです。エディ・スリマンみたいに尖ったのはたくさんみますけどやっぱり僕は奥ゆかしい方が好きですね。

デセール

チョコレートのムースとコニャックのアイス。こちらもチョコレートで主張して、コニャックで調和をとる感じ。シェフはきっとツンデレですね(悪意は一切含まれてません。ほめてます。)。

コーヒー&小菓子

コーヒーも安っぽくなくキチンとしています。それなりの値段の店でもマズいコーヒーが出ることがよくあるのですがここはやっぱり最後まできちんとしてますね。

最後の小菓子。フィナンシェ、バターサンド、オブラートで包んだキウイの柔らかい飴のようなもの。お菓子やで売っていたらどれも十分主役になれるおいしさです。特にバターサンドは多少の満腹感を押さえつけるほどの主張がありました。

焼き物の部分はしっかり香ばしく、中には奥ゆかしい味のバターレーズン。幸せ。

総評

全ての料理が自分の好みに合ったわけではないですが素直にまたこようと思える食後感。コースもメリハリがありお店の主張が見える一品もでてきます。スタッフも話かければ気さくに話してくれるし、そうでもなければ適度に距離感をもって接してくれます。今回は食欲が好調ではなかったので一番品数の少ないものを頼みましたが次回は是非旬の食材を使ったシェフの本気のコースをいただきたいところです。今日もごちそうさまでした。ありがとう。

デート使い

良くも悪くも静かな店でスタッフや周りのお客さんとの距離も近いので深い仲になる前に口説くお店としてはなしかもしれません。ハートが強ければいいですがお店と周りのお客さんへの配慮は必要です。個人的には、勝負使いでなく、深い仲になった後の利用をおすすめします。

■予算

23,000円(2人分)

■オーダー

Menu R.N.S.Q. 6,800 × 2

グラスワイン × 5

■参考メニュー

Menu R.N.S.Q. 6,800

Menu Gourmand 8,500

9周年コース 9,999 (11月限定)

グラスワイン 1,500 –

■内観

カウンター:有(6席)

照明:普通

静かさ:やや静か

店員との距離:やや近い

■食べログ

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13100545/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です