T’astous (タストゥー) @ 麻布十番

イントロ

麻布十番駅から徒歩10分ほど南麻布の幹線道路沿いにたたずむフレンチビストロ。

20時からのディナーで店内は満席。気取ってないけど内観にも外観にもセンスの良さがうかがえる。

隣の彼女も一目で気に入った様子。当日予約したけど予約が取れてよかった。

アミューズ

まずは、シャンパンで乾杯。一日の疲れを癒す甘みと発泡でした。

アミューズは、ケールとバナナのスムージー。ケールの苦さをバナナの甘さで消していてかなり飲みやすく仕上がってます。お隣はチーズを練りこんだシュー。生地はほのかに甘くそこにチーズの塩気が加わりかなり癖になります。隣で連れもなんでこういうのって普通に売ってないのかな?といってます。確かに何ででしょうね?大人には需要ありそうなのに。

前菜

前菜一品目は秋刀魚の炙りとキャビア。ピンクの水玉はビーツのソース。美しい。アートですね。噛み締めるほど秋刀魚の旨味とキャビアの塩気が口の中を満たします。ビーツのソースをつけると味がほどよくマイルドになりこれも美味。

前菜二品目は蝦夷鹿のテリーヌ。これまでのお皿と打って変わってどっしりとした主張のある味です。臭さはほとんどないのですがテリーヌだけだと結構な迫力。ただ、隣の粒マスタードを添えて食べると味覚のかなりいい場所に着地します。やはりちゃんと考えられてるんですね。楽しいです。

前菜と合わせたのはシュナンブラン。果実のしっかりした香りが鼻腔を満たしてワイングラスを傾けるのが楽しみでした。

魚料理

イサキのポワレ。下の白っぽいソースはネギ。上の緑のソースはカブです。ネギのソースは塩っぽさが際立ち、カブのソースは野菜の主張が強かったです。流石はフレンチ。ソースで変幻自在。

肉料理

小鴨胸肉のロースト。ソースはヘーゼルナッツです。焼き目とヘーゼルナッツの香ばしさとナッツの甘さが光る一品。

鴨と合わせたのはピノノワール。ミディアムボディで果実の凝縮感もあり、満足のいく一杯でした。

デセール

シャインマスカット、みかんとパン・デピスのヴェリーヌ。これは好き好きなのでしょうがパン・デピスのスパイスがどうも苦手で若干残念です。シャインマスカットなど1つ1つの味は好きだっただけに残念。

コーヒーも良い酸味と苦みで入っています。甘さをきりっと締めてくれます。

総評

食後感もよく、ワインとそれぞれのお皿も満足のいくものでした。ただ、これがすごくおいしかったなというものが見えなかったのが少し残念。今度は旬の食材を使ったシェフ渾身のコースを食べてみようと思います。ソムリエの方は、とても多忙そうでしたが各テーブルにキチンと目を配っており、ワインメニューなどをしばらく眺めていると次はこの料理なのでこういったワインはいかがでしょうとスマートに勧めてきてくれかなりいい距離間で接してくれました。できる男でしたね。

デート使い

カウンター前かなり近い距離でソムリエが仕事をしているのできっと配慮はしてくれますがカウンターを使って口説くには向かないお店かもしれません。カジュアルな感じで距離を詰めたり、深い仲になった後に気楽な感じでフラッと立ち寄るにはいい店だと思います。センスの良さも光り、好感度は上がることでしょう。

■予算

21,500円(2人分)

■オーダー

Menu Parisien (1) (魚料理なし) × 1

Menu Parisien (2) (魚料理つき) × 1

グラスワイン × 5

■参考メニュー

Menu Parisien (1) 4,900

Menu Parisien (2) 5,800

Menu Special 8,000

グラスワイン 800 –

■内観

カウンター:有(4席)

照明:やや暗め

静かさ:普通

店員との距離:やや近い

■食べログ

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13184805/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です